「最後の挑戦」田中美絵子氏、市議トップ当選

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

当選が確実となり、支持者と万歳をする田中氏(21日午後11時1分、金沢市の事務所で)
当選が確実となり、支持者と万歳をする田中氏(21日午後11時1分、金沢市の事務所で)

 金沢市議選に無所属で立候補した元衆議院議員の新人、田中美絵子氏(43)は、知名度を生かし、1万票以上の得票でトップでの初当選を決めた。

 金沢市有松の事務所に当選確実の一報が伝えられると、支持者から歓声が上がった。田中氏は「今度こそ、皆さんの思いを市政に届け、4年間、精いっぱい仕事をさせていただきたい」と語った。

 田中氏は、2009年の衆院選で石川2区から民主党公認で出馬。森喜朗元首相に敗れたが、比例復活で当選した。12、14、17年の衆院選では落選した。

 14日の出陣式で「最後の挑戦」と述べて選挙戦に挑んだ。国政の経験や人脈をアピールし、子育て支援や福祉の充実を訴えた。こまめな街頭演説を続け、連合の支援も受けた。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
547717 0 統一地方選2019 2019/04/22 07:09:00 2019/09/19 15:14:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190422-OYT1I50017-T.jpg?type=thumbnail

統一地方選挙2019 候補者

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)