藤川優里・八戸市議、4選…高い知名度生かす

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

当選確実となり、支援者から花束を受け取る藤川氏(21日午後11時半、八戸市の事務所で)
当選確実となり、支援者から花束を受け取る藤川氏(21日午後11時半、八戸市の事務所で)

 青森県八戸市議選は女性6人が立候補し、全員が当選した。

 このうち、自民党公認の現職藤川優里氏(39)は4選を果たした。市内の事務所に当選確実の一報が届くと、支援者から歓声が上がり、喜びを分かち合った。

 藤川氏は「4期目のスタートを切らせていただくことができた。30歳代で4期目を迎えられることの責任、重みを受け止めたい」と意気込んだ。

 藤川氏は、自身の高い知名度と県議の父の地盤を生かし、選挙戦を展開。八戸港の機能強化や地場産業の振興といった成長戦略を主張した。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
547714 0 統一地方選2019 2019/04/22 07:03:00 2019/09/19 15:14:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190422-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

統一地方選挙2019 候補者

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)