3選を目指し落選した元村長、村議に初当選

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

当選確実となり支援者から花束を受け取る芳川修二氏(21日午後8時41分、木島平村で)
当選確実となり支援者から花束を受け取る芳川修二氏(21日午後8時41分、木島平村で)

 定数10に12人が立候補した長野県木島平村議選は、2007年から2期8年にわたって村長を務めた芳川修二氏(66)が初当選を果たした。各地で街頭演説を重ね、村長時代の支援者を中心に支持を集めた。

 15年2月の村長選で3選を目指したが落選。再起をはかってきたが、村長と議会の緊張関係が失われている現状に疑問を持った。国の補助制度に対する村議の理解不足なども感じ「議会をレベルアップしたい」と村議への転身を決意した。

 選挙戦では「都市にはない農山村の価値に磨きをかける」と主張。名水や豊かな田園を観光資源に「村全体を農村文化発信のミュージアムにしていく」と訴えた。村長時代は「全国村長サミット」を村で全国初開催した。「志道半ばで去らざるを得なかった」と振り返る4年前の悔しさを糧に、今度は議員として村政に携わる。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
547729 0 統一地方選2019 2019/04/22 08:54:00 2019/09/19 15:14:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190422-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

統一地方選挙2019 候補者

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)