紛失か二重交付か、市議選の投票用紙が1枚不足

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 滋賀県大津市選管は21日、市内の投票所で、市議選の投票用紙1枚が不足するミスがあったと発表した。紛失したか、二重交付の可能性があるという。

 市選管によると、21日午前9時頃、大石小田原町自治会館で、投票者数と投票用紙の残数が合わないことが判明。仮に二重交付し、投票された場合でも有効票になる。

 同市選管では、県議選の期日前投票でも不足する事態が起きており、「細心の注意を心がけていたが、有権者に大変申し訳ない」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
547949 0 統一地方選2019 2019/04/22 10:45:00 2019/09/19 15:14:02

統一地方選挙2019 候補者

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)