多選自粛撤回で4選…翌日開票の大田区長選

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 21日投票の統一地方選後半戦で、翌日開票としていた東京都内6区で22日朝から、開票作業が行われた。

 区長選の開票があった3区のうち、大田区長選では、自ら提案して可決させた多選自粛条例を撤回して4選に挑んだ松原忠義さん(76)が当選を決めた。

 松原さんは区議、都議を経て2007年、区長に就任。同年9月、区長の任期について「連続して3期を超えないように努める」とした多選自粛条例案を提出し、可決させていた。

 しかし昨秋、東京湾の人工島「中央防波堤埋立地」の帰属について江東区と係争中であることなど、「重要課題が道半ば」として、条例の廃止条例案を提出。可決させて撤回していた。

 江戸川区長選は、現職から後継指名を受けた前区教育長の斉藤猛さん(56)が初当選を決め、「東京五輪・パラリンピックでは世界中から人と注目が集まる。区の魅力を発信していきたい」と語った。江東区長選では現職の山崎孝明さん(75)が4選を果たした。

 このほか、大田、江東、江戸川、中野、杉並、荒川の6区議選の開票が行われた。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
548710 0 統一地方選2019 2019/04/22 15:00:00 2019/09/19 15:13:59

統一地方選挙2019 候補者

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)