統一地方選 後半戦の最終結果

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

市長など5選挙 投票率最低更新

 21日投票の統一地方選後半戦の平均投票率は、市長、市議、区議、町村長、町村議の5選挙で過去最低を更新し、下落傾向に歯止めがかからなかった。市長選の平均投票率は前回から3・03ポイント減の47・50%となり、初めて5割を切った。最低は現職が圧勝した大分市長選で、27・72%だった。

 市長選以外の平均投票率は市議選45・57%(前回比3・05ポイント減)、区議選42・63%(同0・18ポイント減)、町村長選65・23%(同3・84ポイント減)、町村議選59・70%(同4・64ポイント減)。区長選のみ上昇し、0・10ポイント増の44・21%だった。

 

市議女性当選者 過去最多の1239人

 今回の統一地方選後半戦は女性の躍進が目立った。

 政令市を除く一般市長選では、無投票を含めて過去最多の6人が当選した。新潟県加茂市と山口県周南市では、新人女性が現職男性を破った。京都府木津川市と兵庫県芦屋市では、女性候補同士の戦いになった。

 市議選では1239人が当選し、過去最多だった2003年の1233人を上回った。改選総定数に占める女性当選者の割合は18・4%で、4年前の前回統一選の16・1%から2・3ポイント増えた。鹿児島県垂水市では、1958年の市制施行後初の女性市議が誕生した。

 東京都の区議選では、前回を16人上回る243人の女性が当選し、これも過去最多となった。町村議選でも前回より78人多い521人が議席を獲得した。

無断転載禁止
549363 0 統一地方選2019 2019/04/23 05:00:00 2019/09/19 15:13:58 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190422-OYT1I50098-T.jpg?type=thumbnail

統一地方選挙2019 候補者

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)

統一地方選挙2019 日程

前半選挙
3月21日(木) 知事選告示
3月24日(日) 政令市長選告示
3月29日(金) 道府県議、政令市議選告示
4月7日(日) 知事・道府県議、政令市長・政令市議選投票
後半選挙
4月9日(火) 衆院補選(大阪12区、沖縄3区)告示
4月14日(日) 市区長・市区議選告示
4月16日(火) 町村長・町村議選告示
4月21日(日) 衆院補、市区長・市区議、町村長・町村議選投票

※区長・区議は東京都特別区。

ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ