埼玉県知事選、新人・大野元裕氏が初当選

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県知事選は25日、投票が行われ、新人で前参院議員の大野元裕氏(55)(無所属=立憲民主、国民民主、社民の各党県組織支持)が、いずれも新人で、スポーツライターの青島健太氏(61)(同=自民、公明推薦)、NHKから国民を守る党公認の放射線科医師・浜田聡氏(42)、元高校教諭の武田信弘氏(65)(無所属)、元会社員の桜井志津江氏(63)(同)の4人を破り、初当選した。

 現職の上田清司知事が立候補しなかったため、県内での新知事の誕生は16年ぶりとなる。

無断転載禁止
762095 0 地方選 2019/08/25 22:38:00 2019/08/25 23:22:55 2019/08/25 23:22:55

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ