蒲島郁夫氏、4選出馬意向…来春の熊本知事選

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 来年4月の任期満了に伴う熊本県知事選に、現職の蒲島郁夫氏(72)が4選を目指して立候補する意向を固めた。9日の県議会代表質問で表明する。

 蒲島氏は農協職員、東大法学部教授などを経て、2008年の知事選で初当選。3選直後の16年4月に熊本地震が発生し、復旧・復興に取り組んできた。

 県議会最大会派の自民党は、被災者の生活再建などを進めた実績を評価して4選出馬を求めており、蒲島氏は7日、読売新聞の取材に対し、「迷いもあったが、熊本地震の復興への動きは止められない」と出馬の意欲を述べた。

 熊本県知事選では、前熊本市長の幸山政史氏(54)が立候補の意向を示している。

無断転載禁止
785248 0 地方選 2019/09/09 04:14:00 2019/09/09 04:14:00 2019/09/09 04:14:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ