京都市長選に市議が立候補へ…来年2月投開票

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 来年1月19日告示、2月2日投開票の京都市長選に、京都市議で地域政党・京都党代表の村山祥栄氏(41)が無所属で立候補する意向を固めた。京都党を離党し、週内にも正式表明する見通し。市長選で出馬の意向が明らかになるのは村山氏が初めて。現在3期目の門川大作氏(68)は4選への態度を明らかにしていない。

 村山氏は京都市出身で専修大法学部卒。2003年に市議に初当選し、現在5期目。08年に京都市長選に出馬し、門川氏に敗れた。

 市長選を巡っては、共産党が候補者擁立を進め、日本維新の会が候補者を公募している。

無断転載禁止
844870 0 地方選 2019/10/14 16:01:00 2019/10/14 16:01:00 2019/10/14 16:01:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ