都知事選の投開票、五輪から最も離れた来年7月5日に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都選挙管理委員会は13日の定例会で、小池百合子知事の任期満了に伴う都知事選の日程を来年6月18日告示、7月5日投開票とすることを正式に決めた。

 7月24日には東京五輪が開幕することから、都内の区市町村は大会準備と投開票の実務を並行して進める必要がある。大会への影響を抑えるため、都選管は、任期満了日(7月30日)の前日から遡って30日以内に選挙を行うとする公職選挙法の規定に基づき、五輪から最も離れた日曜日を投開票日とした。都選管の宮崎章委員長は決定後、「五輪・パラリンピックという国家的行事の直前だが、大切な一票を投じてほしい」とのコメントを出した。

 都知事選を巡っては、小池知事の再選出馬が有力視されており、対立する自民党都連なども擁立作業を進めているが、現時点で出馬を表明した候補はいない。

無断転載禁止
896697 0 地方選 2019/11/13 11:34:00 2019/11/13 12:33:17 2019/11/13 12:33:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ