大津市長選、前滋賀県議の佐藤健司氏が初当選

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 無所属の新人2人による争いとなった大津市長選は19日投開票され、前滋賀県議の佐藤健司氏(46)が、元市働き方改革監の小西元昭氏(50)を破り、初当選した。投票率は39・77%で、前回(47・97%)を下回った。

 2012年に全国最年少の女性市長となった2期目の現職・越直美氏(44)が引退を表明。自民党県連の支援を受けて市政刷新を訴えた佐藤氏が、越氏の実質的な後継候補で、立憲民主、国民民主両党県連の支援を受けた小西氏を退けた。

無断転載・複製を禁じます
1008292 0 地方選 2020/01/19 22:50:00 2020/01/19 22:50:00 2020/01/19 22:50:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ