鈴木大地氏の千葉知事選擁立で調整、自民県連会長は「森田知事の判断が大事」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

知事選出馬について、報道陣の質問に答える熊谷市長(19日、千葉市美浜区で)
知事選出馬について、報道陣の質問に答える熊谷市長(19日、千葉市美浜区で)

 来年春の千葉県知事選を巡り、習志野市出身の鈴木大地・スポーツ庁長官(53)の擁立に向けて最終調整をしている自民党県連の幹部が19日、相次いで報道陣の取材に応じた。県連幹事長の河上茂県議は、来月中にはまとめたい考えを明らかにした。出馬の意向を固めている千葉市の熊谷俊人市長(42)は報道陣の前で、立候補に前向きな姿勢を示した。

 森田健作知事(70)の3期目の任期は来年4月4日まで。森田氏は知事選への態度を明らかにしていない。

 自民党県連はこの日、以前から予定していた政治資金パーティーを千葉市美浜区のホテルで開催した。県関係の国会議員17人と県議らが集まった。

 会場で取材に応じた河上氏は、森田氏が4選不出馬を決めた場合に備え、鈴木氏の擁立準備を進めてきたことを説明。自身も2回、鈴木氏と会った上で、立候補を打診したことを明らかにした。回答はまだ得られていないとした上で、「鈴木氏がおそらく(県連支援の候補者として)やる」との見通しを語った。

自民党県連のパーティーであいさつする渡辺会長(19日、千葉市美浜区で)
自民党県連のパーティーであいさつする渡辺会長(19日、千葉市美浜区で)

 一方、県連会長の渡辺博道衆院議員は取材に、「現職の森田知事の判断が一番大事だ」と強調した。過去2回の知事選で森田氏を支援した県連としては、森田氏の去就も踏まえた上で最終判断するとした。

 鈴木氏を推す理由について、河上氏は、県出身の五輪金メダリストで知名度が高く、行政組織のトップを5年間経験していることを挙げた。熊谷氏については「森田知事が何か言うとすぐに皮肉、批判している印象だ。そんな人が県のトップになっていいのか」と述べた。

 こうした動きに対し、異議も出た。県連内で「石井派」の県議らを率いる石井準一参院議員は報道陣に対し、「知名度や、選挙で戦いやすいことで候補者を選ぶのは、県民をばかにした話だ」とまくしたてた。鈴木氏を知事選候補とすることを「知名度だけだ」と批判。「県の将来を憂えてやれるような人の一人が、熊谷氏だ」と語った。

 熊谷氏は美浜区で開かれたスポーツイベントに出席した後、会場近くで報道各社の取材に応じた。知事選に出馬する意向を固めたとの報道について、熊谷氏は「否定はしない。いろいろな方々から、知事選に関して期待を頂いている。自分の思いは固まりつつある」と語った。適切な時期に表明するとの考えも述べた。

 熊谷氏は初当選した2009年の市長選で旧民主党の推薦を受け、その後は政党の推薦を受けていない。

 立憲民主党の県連代表に就任する予定の生方幸夫衆院議員は柏市内で取材に応じ、「すんなり熊谷氏を応援しようということにはならない」と説明。地方議員の意見を聞いた上で、知事選の対応を決める考えを示した。

無断転載・複製を禁じます
1490742 0 地方選 2020/09/20 13:50:00 2020/09/20 14:26:57 2020/09/20 14:26:57 自民党県連のパーティーであいさつする渡辺会長(9月19日、千葉市美浜区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200920-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ