富山県知事選、新人の新田八朗氏が当選…51年ぶり保守分裂選挙を制す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 富山県知事選は25日、投開票が行われ、新人の日本海ガス(富山市)前社長の新田八朗氏(62)(無)が、5選を目指した現職の石井隆一氏(74)(無)ら2人を破り、初当選した。投票率は60・67%(前回2016年は35・34%)だった。

当選確実となり、拳を突き上げる新田氏(左)と妻の美智代さん(25日午後9時2分、富山市太郎丸本町の事務所で)=細野登撮影
当選確実となり、拳を突き上げる新田氏(左)と妻の美智代さん(25日午後9時2分、富山市太郎丸本町の事務所で)=細野登撮影

 新田氏は、自民党県議の一部や森雅志・富山市長、実姉で前北海道知事の高橋はるみ参院議員らの支援を受け、同知事選では51年ぶりの保守分裂選挙を制した。選挙戦では、企業経営の感覚を県政に生かすと訴えた。

 自民、公明、国民民主の県組織が推薦した石井氏は、4期16年の実績と元総務官僚の行政手腕をアピールしたが、及ばなかった。

 新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた県内経済の立て直しや、現職の5選の是非などが争点となった。

無断転載・複製を禁じます
1576266 0 地方選 2020/10/25 20:11:00 2020/10/26 00:25:20 2020/10/26 00:25:20 当選を果たした新田氏(左)(25日午後9時2分、富山市太郎丸本町の事務所で)=細野登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201026-OYT1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ