読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

島根・雲南市長選、元県職員の石飛厚志氏が初当選…前市長が就任1か月で逮捕・辞職

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 島根県雲南市長選は31日、投開票された。いずれも無所属新人で、元県職員の石飛厚志氏(54)が、前市政策企画部長の佐藤満氏(61)を破り、初当選を果たした。当日有権者数は3万1791人。投票率は69・17%で、選挙戦となった2012年の81・61%を下回った。

 石飛氏は、市内4地区の農業団体などの推薦を受けて選挙戦に挑んだ。人口減少対策として、出産や育児の負担軽減や、スポーツ・文化活動の奨励に取り組むと強調。新型コロナウイルス対策としては、大きな打撃を受けた市内の飲食店を積極的に支援するとアピールし、浸透した。

 石飛氏は同市出身で早大法学部卒。1990年に県庁に入り、県健康推進課管理監などを務めた。

 今回の選挙は、就任1か月足らずの前市長が昨年12月、傷害容疑で県警に逮捕され、辞職したことに伴い、実施された。

無断転載・複製を禁じます
1810576 0 地方選 2021/01/31 22:24:00 2021/01/31 22:45:57

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)