読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

区長選で対立候補の応援働きかけ、元「都議会のドン」への処分協議…自民都連

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党東京都連は25日、幹部会合を開き、1月の千代田区長選で造反行為をしたとされる同区選出の元都議で都連最高顧問の内田茂氏(81)に対する処分について協議した。この日の会合では結論を先送りし、当面は内田氏に最高顧問を辞めるよう促す方針を確認した。

 党関係者によると、内田氏は同区長選で、自民、公明両党の推薦候補を支援せず、小池知事が支援した都民ファーストの会が推薦する候補の応援に回るよう周囲に働きかけた。区長選で与党推薦候補は敗れた。

 都連は、内田氏への処分を求める声が出ていることを踏まえ、この日の会合での意見集約を目指した。だが、一部の幹部は依然影響力を持つ内田氏の処分に慎重な立場を崩さず、まず内田氏に自主的な役職辞任を求めることで一致できただけだったという。

 内田氏は都連幹事長や都議会議長を歴任。その影響力から「都議会のドン」などと呼ばれたが、2017年に都議を引退した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1871637 0 地方選 2021/02/26 23:09:00 2021/02/26 23:09:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)