読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

本会議を体調不良で途中退席、74歳の自民県議が死去…補選実施の見込み

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党埼玉県議の岩崎宏いわさきひろし氏が28日、誤嚥ごえん性肺炎のため死去した。74歳だった。告別式は3月5日午後1時30分、埼玉県小鹿野町飯田1356の1の「アグリホール小鹿野」。喪主は長男、将宏氏。

 岩崎氏は2007年に北2区(定数1)で初当選し、現在4期目。15~16年には副議長を務めた。県議会事務局によると、2月26日には現在開会中の県議会2月定例会の本会議に出席していたが、体調不良により途中退席したという。

 岩崎氏の死去に伴い、同選挙区では補欠選挙が行われる見込みだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1875552 0 地方選 2021/03/01 10:38:00 2021/03/01 10:38:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)