読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

3票差で落選、選挙無効求める…「公報が一部世帯に配布されず不公平」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 3月28日に投開票された福岡県那珂川市議選で、最下位当選者と3票差で落選した立憲民主新人の諏訪辺峻氏(38)が31日、市選挙管理委員会に対し、選挙の無効などを求める異議申出書を提出した。

 申出書などによると、選挙公報が一部の世帯に配布されなかったため、公平性に欠けるとして選挙は無効だと主張。一方、全ての票の精査も求めている。

 公職選挙法では、市選管は申し出を受けた日から30日以内に、異議の取り扱いについて決定するよう努めなければならない。

 市選管によると、選挙公報は約2万1000世帯のうち、約1100~2000世帯に配られなかった可能性があるという。

無断転載・複製を禁じます
1959471 0 地方選 2021/04/03 22:36:00 2021/04/03 22:36:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)