読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

秋田知事選、現職の佐竹氏が4選…県政継続訴え幅広い層に浸透

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 秋田県知事選は4日、投開票が行われ、現職の佐竹敬久氏(73)(無=公明推薦、社民支持)が、新人で元衆院議員の村岡敏英氏(60)(無)ら3人を破り、4選を果たした。投票率は56・56%(前回2017年は56・83%)だった。

支援者らに感謝を伝える佐竹氏(右から2人目)(4日午後8時16分、秋田市の事務所で)=阿部華子撮影
支援者らに感謝を伝える佐竹氏(右から2人目)(4日午後8時16分、秋田市の事務所で)=阿部華子撮影

 佐竹氏は3期12年の実績と県政継続の必要性を訴え、自民県連の支持も得て幅広い層に浸透した。

 村岡氏は、自民党を離党した県議や一部の市長の支援を受け、県政の刷新を訴えたが、及ばなかった。

無断転載・複製を禁じます
1961170 0 地方選 2021/04/04 22:34:00 2021/04/05 00:07:44 支援者らに感謝を伝える佐竹氏(右から2番目)(4日午後8時16分、秋田市川尻町の佐竹事務所で)=阿部華子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210404-OYT1I50085-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)