読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

名古屋市長選告示、現職と3新人の争い確定…署名偽造事件など争点に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

名古屋市役所
名古屋市役所

 11日に告示された名古屋市長選は、立候補届け出が締め切られ、いずれも無所属で、4期目を目指す現職と新人3人の計4人による争いが確定した。投開票は25日。現職と、自民や立憲民主など4党が推す前市議による事実上の一騎打ちの構図となっている。

 立候補したのは、自身が率いる地域政党・減税日本が推薦する現職の河村たかし氏(72)、いずれも新人で、NPO法人理事長の押越清悦氏(62)、前市議の横井利明氏(59)(自民、立憲民主、公明、国民民主推薦)、元会社員の太田敏光氏(72)。

 河村市政に対する評価や新型コロナウイルス対策のほか、河村氏が「応援団」として参加した大村秀章・愛知県知事のリコール(解職請求)運動で署名偽造事件が発覚したことに対する河村氏の責任の有無などが争点となる見通し。

無断転載・複製を禁じます
1977670 0 地方選 2021/04/11 10:26:00 2021/04/11 19:31:03 名古屋市役所。名古屋市中区で。2020年11月6日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210411-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)