読売新聞オンライン

メニュー

二階氏「いい案だ」、馳氏から衆院選見送りと石川知事選への出馬意向を伝えられ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党石川県連会長で元文部科学相の馳浩衆院議員(石川1区)が、来年3月に任期満了を迎える県知事選に立候補する見通しとなった。馳氏は秋までに行われる衆院選への立候補を見送る方向だ。後任候補者には岡田直樹官房副長官(参院石川)の名前が浮上している。

馳浩衆院議員
馳浩衆院議員
谷本知事
谷本知事

 党関係者によると、馳氏はすでに、二階幹事長や安倍晋三前首相らに対し、衆院選への出馬を見送り、知事選に備える意向を伝えた。二階氏は「いい案だ」と応じたという。馳氏は読売新聞の取材に「コメントしようがない」と述べた。

 馳氏の決断には、衆院選から知事選までほとんど間がない政治日程が関係している。衆院選の投開票日は10月、知事選の投開票日は来年3月が想定されるが、馳氏は周囲に「知事選に出るつもりなのに衆院選にも出るのは、有権者に失礼だ。退路を断ちたい」と話しているという。

 全国最多の7期目を務める現職の谷本知事は、8選出馬するかどうか態度を明らかにしていない。2014年と18年の知事選では、党内で多選批判が起き、県議らが対抗馬の擁立を模索したが、最終的には谷本知事の支援に回った経緯がある。今回も馳氏の擁立をめぐり、調整が難航する可能性がある。

 党県連は今後、衆院石川1区の後任候補者の人選を急ぐ。岡田氏が後任に決まった場合、参院石川選挙区の補欠選挙も行われることになる。岡田氏の後任には、同党の宮本周司・前経済産業政務官(参院比例)の名前が取り沙汰されている。

 馳氏は富山県小矢部市生まれ。レスリングで1984年のロサンゼルス五輪に出場。プロレスラーを経て、95年の参院選石川選挙区で初当選した。00年に衆院にくら替えし、現在7期目。現在は党政調会長代理を務めている。

知事「対コロナ全力」…8選出馬明言せず

 自民党の馳浩衆院議員が来年の知事選に出馬する見通しとなったことについて、谷本知事は1日、県庁で記者団に「ほとんど情報がないのでコメントしようがない」と語った。8選出馬するかどうかについては「まだ任期が残っている。新型コロナウイルス対策に全力を傾ける」とかわした。

 来年の知事選の候補に名前が取り沙汰される金沢市の山野之義市長は同市役所での臨時記者会見で知事選に出馬するかどうかを聞かれ、「全く考えていない」と答えた。

無断転載・複製を禁じます
2173079 0 地方選 2021/07/02 11:21:00 2021/07/02 11:21:00 馳浩(4月24日午前11時53分、金沢市で)=宮嶋範撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210702-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)