読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「党が分かれたのは正常でない」知事選で自民分裂、谷公一衆院議員が県連会長辞任へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

自民党の谷公一・兵庫県連会長
自民党の谷公一・兵庫県連会長

 自民党兵庫県連会長の谷公一衆院議員は18日夜、知事選で党が分裂したことを理由に、近く会長を辞任する意向を表明した。

 党本部が推薦した斎藤元彦さんの当選確実の一報が届いた後、神戸市中央区の事務所で記者団の取材に明らかにした。谷氏は「本来なら一つになるべきものが、二つに分かれてしまった。党が分かれたのは正常ではない。けじめをつけなければならない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2217332 0 地方選 2021/07/19 07:30:00 2021/07/19 07:30:00 7月の兵庫県知事選への対応を記者団に説明する、自民党の谷公一県連会長。国会議員団を中心とする県連が、県議の大半が推す前副知事ではなく、元大阪府財政課長の推薦を党本部に申請したため、自民党の分裂選挙が避けられない情勢となった。自民党本部で。2021年4月10日朝刊「兵庫知事選 自民分裂へ 県連、維新と候補相乗り 前副知事推す県議は反発」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210719-OYT1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)