読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

市長選で白票7012票、知事「大きな意思表示…市長は重く受け止めて」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1日に投開票された仙台市長選で、無効票1万498票(投票総数の4・1%)のうち、白票は約67%の7012票あった。市側が20日の市議会総務財政委員会で報告した。

 市選挙管理委員会によると、同市長選の無効票の数は2001年に次いで2番目に多く、前回選の3948票より大幅に増加した。白票の他には、候補者ではない氏名を記載したものなどがあった。

村井嘉浩・宮城県知事
村井嘉浩・宮城県知事

 白票を巡っては宮城県の村井知事が「投票所まで足を運んで何も書かなかったということなので、非常に大きな意思表示だと思う。郡市長はしっかり重く受け止めるべきだ」と指摘していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2302560 0 地方選 2021/08/21 15:55:00 2021/08/21 21:40:52 村井嘉浩・宮城県知事。県庁で。2020年11月12日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210821-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)