読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

首相が全面支援、「むしろ悪い方向に空気変えた」…小此木氏敗北に恨み節も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 22日に投開票された横浜市長選は、立憲民主、共産、社民の各党の支援を受けた元横浜市立大教授の山中竹春さん(48)が初当選を決めた。選挙は、感染が急拡大する新型コロナウイルスへの対策が最大の争点となり、菅首相が全面支援した前国家公安委員長の小此木八郎さん(56)に厳しい「審判」が下された格好だ。

 投票終了から間もない午後8時過ぎ、当選確実を伝えるニュースが流れると、市内の山中さん陣営の報告会場にどよめきと拍手が起きた。山中さんは支援者のバンザイに応え、「市民一人一人と向き合いながら素晴らしい横浜市をつくってまいります」と声を張り上げた。立民の江田憲司代表代行(65)は報道陣の取材に、「いい受け皿があれば自民党は恐るるに足らないということだ」と衆院選にも自信を見せた。

 選挙戦で山中さんは「候補者唯一のコロナ専門家」とアピールし、政府や現市政の新型コロナ対策への不満票の受け皿となった。カジノを含む統合型リゾート(IR)の横浜誘致については反対姿勢を強調した。

 「港でバクチはやらせない」と誘致に反対してきた横浜港運協会の前会長で「ハマのドン」と呼ばれる藤木幸夫さん(91)も駆けつけ、「市民の力が本当に強いと今回の選挙で分かった」と語った。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2305157 0 地方選 2021/08/22 23:23:00 2021/08/23 09:41:52 落選が伝えられ、支持者に一礼する小此木八郎さん(22日午後8時23分、横浜市中区で)=大原一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210822-OYT1I50084-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)