石川知事選、元文科相の馳浩氏が初当選…安倍派全面支援受け「保守系三つどもえ」の激戦制す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 無所属の新人5人が争った石川県知事選は13日投開票され、馳浩・元文部科学相(60)(維新推薦)が、山野之義・前金沢市長(59)、山田修路・前参院議員(67)らを破り、初当選を果たした。現職で全国最多7期目の谷本正憲知事(76)は引退するため、新知事誕生は28年ぶり。投票率は61・82%(前回は39・07%)。

初当選を決め、万歳する馳氏(14日午前0時18分、金沢市本町のホテルで)=竹村一朗撮影
初当選を決め、万歳する馳氏(14日午前0時18分、金沢市本町のホテルで)=竹村一朗撮影

 自民党国会議員だった馳、山田両氏に、自民市議経験のある山野氏が加わる「保守系三つどもえ」の激戦となった。馳氏は、26年間の国会議員経験や国とのパイプの太さをアピール。自民党安倍派の全面支援を受け、安倍元首相らが応援に駆けつけた。同派元会長の森喜朗・元首相も、出身の加賀地域を中心に票集めを支えた。

 元農林水産官僚の山田氏は能登地域で、山野氏は金沢市でそれぞれ健闘したが、及ばなかった。

◆石川知事選確定得票

当 196,432 馳   浩 60 無新

  188,450 山野 之義 59 無新

  172,381 山田 修路 67 無新

   15,331 飯森 博子 62 無新

    3,011 岡野 晴夫 71 無新

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
2833535 0 地方選 2022/03/14 00:29:00 2022/03/14 13:00:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220314-OYT1I50004-T-e1647204331174.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)