[都知事選 主な候補の第一声]コロナ「災害」 損失補償…山本太郎氏

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で、多くの人が職や家を失った。収入が激減し生活が困窮する人に、すぐにでも手立てを講じたいと思って立候補した。

 (休業などの要請は)補償なき自粛だった。新型コロナの感染拡大を「災害」に指定するよう国に働きかけ、都民の損失を補償する。地方債を独自に発行し、全都民への10万円給付や個人事業主の収入補償、大学生らの学費免除などに充てる。自粛要請下でも働く医療従事者らに対し、危険手当を支給する。

 コロナのワクチンなどができる見通しは立たない。東京五輪・パラリンピックは中止すべきだ。都民の生活を底上げし、すぐに生活を立て直せる社会をつくりたい。(新宿駅南口で)

無断転載・複製を禁じます
1285474 0 東京都知事選2020 2020/06/18 15:00:00 2020/06/24 22:12:10 都知事選が告示され第一声をあげる山本太郎氏(18日午前10時3分、東京都新宿区で)=米山要撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200618-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ