読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

都知事選、過去最多の22人が立候補…小池都政の4年問う

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都知事選(7月5日投開票)が18日に告示され、過去最多の22人が立候補を届け出た。4年間の小池都政への評価のほか、新型コロナウイルス対策、東京五輪・パラリンピックへの対応が主な争点で、各陣営は、街頭演説などで感染予防にも気を配りながら選挙戦を展開する。

 主な候補者は、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、現職の小池百合子氏(67)、元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)、前熊本県副知事の小野泰輔氏(46)、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏(52)。

 新宿駅前で演説した山本氏は「都民に10万円、中小事業者に100万円を支給する」と主張。小池氏はインターネット動画による第一声の配信後に登庁し、「都民の命と健康を守る」などと語った。

 宇都宮氏は街頭演説などで「コロナで弱者がしわ寄せを受けている」と補償拡充などを主張。小野氏は、行政経験を基に「感染を抑え込み、経済を復活させる」と訴えた。

 立花氏は都の休業要請を批判し、「飲食店などを守る」などと強調した。

 17日現在の選挙人名簿登録者数は、1146万8938人。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1285780 0 東京都知事選2020 2020/06/18 17:33:00 2020/06/18 21:35:39

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)