読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

小池知事が大差で再選「次の4年は死活的に重要、しっかりコロナ対策を」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2期目に向け、あいさつする小池百合子氏(5日午後8時18分、東京都新宿区で)=鈴木毅彦撮影
2期目に向け、あいさつする小池百合子氏(5日午後8時18分、東京都新宿区で)=鈴木毅彦撮影

 東京都知事選が5日、投開票され、無所属で現職の小池百合子氏(67)が再選を果たした。元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、前熊本県副知事の小野泰輔氏(46)らを大差で退けた。小池氏は、引き続き新型コロナウイルス対策や、来年に延期された東京五輪・パラリンピックへの対応などを担う。

 小池氏の得票は350万票を超え、前回2016年選で獲得した約291万票を大きく上回った。小池氏は5日夜、当選確実の報を受けて東京・西新宿の事務所で報道陣の取材に応じ、「次の(任期の)4年間は、東京にとって死活的に重要だ。緊張感を持ってコロナにしっかり対応していきたい」などと2期目に向けた抱負を語った。

 新たにコロナ対策に充てる3000億円規模の補正予算を編成する考えを示したほか、東京五輪についても、感染症対策を優先して進めると説明。「いかに費用を圧縮しながら簡素化するか。都民、国民の納得をいただけるよう進める必要がある」と述べた。

 過去最多の22人が立候補した今回の都知事選で、小池氏は、感染拡大を防ぐとして選挙期間中に街頭演説を一度もせず、ネット配信した動画で「東京版CDC(米疾病対策センター)」の創設などを訴える「オンライン選挙」に徹した。自主投票とした自民党、実質支援した公明党の支持層のほか、野党支持層や無党派層にも幅広く浸透した。

 宇都宮氏は小池都政のコロナ対策を批判。立憲民主、共産、社民の各党も支援したが、票を固め切れなかった。大規模な財政出動を掲げた山本氏も宇都宮氏らと「反小池票」を奪い合う形となり、支持に広がりを欠いた。日本維新の会の推薦を受けた小野氏は実務経験をアピールしたが、知名度不足も影響して伸び悩んだ。

 投票率は55・00%で、小池氏が初当選した前回選(59・73%)を4・73ポイント下回った。

残り:9文字/全文:935文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1321289 0 東京都知事選2020 2020/07/05 20:04:00 2020/07/06 12:09:14 当選確実を決め、あいさつする小池百合子さん(5日午後8時11分、東京都新宿区で)=鈴木毅彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200705-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)