小池知事が大差で再選「次の4年は死活的に重要、しっかりコロナ対策を」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2期目に向け、あいさつする小池百合子氏(5日午後8時18分、東京都新宿区で)=鈴木毅彦撮影
2期目に向け、あいさつする小池百合子氏(5日午後8時18分、東京都新宿区で)=鈴木毅彦撮影

 東京都知事選が5日、投開票され、無所属で現職の小池百合子氏(67)が再選を果たした。元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、前熊本県副知事の小野泰輔氏(46)らを大差で退けた。小池氏は、引き続き新型コロナウイルス対策や、来年に延期された東京五輪・パラリンピックへの対応などを担う。

 小池氏の得票は350万票を超え、前回2016年選で獲得した約291万票を大きく上回った。小池氏は5日夜、当選確実の報を受けて東京・西新宿の事務所で報道陣の取材に応じ、「次の(任期の)4年間は、東京にとって死活的に重要だ。緊張感を持ってコロナにしっかり対応していきたい」などと2期目に向けた抱負を語った。

 新たにコロナ対策に充てる3000億円規模の補正予算を編成する考えを示したほか、東京五輪についても、感染症対策を優先して進めると説明。「いかに費用を圧縮しながら簡素化するか。都民、国民の納得をいただけるよう進める必要がある」と述べた。

 過去最多の22人が立候補した今回の都知事選で、小池氏は、感染拡大を防ぐとして選挙期間中に街頭演説を一度もせず、ネット配信した動画で「東京版CDC(米疾病対策センター)」の創設などを訴える「オンライン選挙」に徹した。自主投票とした自民党、実質支援した公明党の支持層のほか、野党支持層や無党派層にも幅広く浸透した。

 宇都宮氏は小池都政のコロナ対策を批判。立憲民主、共産、社民の各党も支援したが、票を固め切れなかった。大規模な財政出動を掲げた山本氏も宇都宮氏らと「反小池票」を奪い合う形となり、支持に広がりを欠いた。日本維新の会の推薦を受けた小野氏は実務経験をアピールしたが、知名度不足も影響して伸び悩んだ。

 投票率は55・00%で、小池氏が初当選した前回選(59・73%)を4・73ポイント下回った。

残り:10文字/全文:797文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1321289 0 東京都知事選2020 2020/07/05 20:04:00 2020/07/06 12:09:14 当選確実を決め、あいさつする小池百合子さん(5日午後8時11分、東京都新宿区で)=鈴木毅彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200705-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ