小池知事再選 共同代表インタビュー(要旨)

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 再選を果たした小池百合子・東京都知事が5日夜、報道各社の共同インタビューに応じた。

Q.当選確実の受け止めは?

A.都民の皆さま方に4年間の東京大改革を進めてきたことをご評価いただけたものと、大変うれしく思うと同時に、これからのさらなる重責をひしと感じているところだ。ご支持・ご支援誠にありがとうございました。

新しい日常の中での新しい選挙

Q.新型コロナ対策が求められた選挙だった。

A.何よりも今、普通ですと、こういう時はバンザイをするものだが、まだコロナ禍の真っただ中だ。ここで万歳という気持ちになかなかなりにくい。これからも緊張感を持って、非常に厳しい状況にあるコロナに対してしっかり対応していきたい。

 また、コロナの影響で、本来ですと、街頭演説などを行って、皆さんと握手を交わすということで、できるだけ接触していくことが、これまで重ねてきた選挙の方法だが、今回はまったく違って、第一声からオンライン、そして最後の瞬間までオンラインということで。しかし、いろいろと発見もあった。新しい日常の中での新しい選挙が展開できたと思っている。

Q.今後のコロナ対策について。現状について。

A.3月、4月の頃、非常に感染者が増えた時期と同じような(グラフの)山に見えるかもしれない。ただ一方で、最近は予防的にというか、集団で検査を受けていただく方々がいらっしゃる。そしていわゆる「夜の街」の関連の方々にそういった対応を取ってもらっている。さらに、高齢者や既往症のある方々は重症化しやすいところだが、このところの傾向として、20代、30代の若い方が圧倒的に多いということだ。とはいえ、(感染の)リンクが追えない方もいる。これをしっかりとたどって、一つ一つ丁寧に、またしっかりと対応することで、まずは感染の拡大を防止するということ、そして2週間前の結果が今出ているわけなので、これからの2週間を考えると、また改めて都民の皆さんにはこの基本に戻りながら、しっかりと気を付けていただく。

 そして、事業者の皆さま方も、しっかりとガイドラインを守っている事業者のお店にはステッカーを張ってもらっている。このお店はしっかりと対応しているということを確認していただいてご利用いただくというような、利用者側・事業者側が両方で感染を拡大しないという思いを共有して実践していただきたいと思う。

東京版CDC創設へ

Q.今後の対応は。

A.できるだけ機能を有効にいかすということで、東京版のCDC(米疾病対策センター)、予防センターを作っていきたい。特に新しい建物を作るというわけではない。すでにある都の機能を融合して連携して、効率よく動かしていくということだ。これからすぐ行わなければいけないのは、補正予算を組むことだ。コロナの患者さんを多く受け入れていただいた医療機関は大変、今、経営的にも厳しい状況にある。補正予算を活用しながら補填していく。第二波にも備えながら、また目下、進んでいることに対しての対応として、この補正予算を3000億円規模になると思うが、しっかりと充てていきたい。

Q.外出自粛、休業要請も?

A.これまでの緊急事態宣言下のように一斉にみんなが休むという形ではなく、どこで何が起こっているのか、かなりピンポイントで定められつつある。そういった意味で、全体での休業要請ではなく、効果的な方法を進めていきたいと考えている。

Q.新型コロナ対策で国に要望は?

A.今、特措法の中でいくつか課題も出てきた。それらの見直しを行うと同時に、国に一番お願いしたいのは水際対策だ。これから海外との往来が自由になっていくことによって、この水際対策をしっかりしていただかないと、苦労するのは各自治体になる。そういう意味で厳格な水際対策をしっかり行ってもらいたいということを強く申し上げたい。

費用圧縮して簡素化…オリ・パラ

Q.オリンピック・パラリンピックについて。

A.まずは、ここもコロナ対策が最優先の課題となってくる。そして現在、IOC(国際オリンピック委員会)、組織委、私ども(都)、国の機関、競技団体、それぞれが連携を取りながら、いかにして安全・安心な大会が開けるか。コロナ対策もそうだが、それからいかに費用を圧縮しながら簡素化していくか、ということも都民の皆さまや、国民の皆さまも納得をいただける形で今後進める必要がある。

 ぜひとも、アスリートにとっても、子どもさんにとっても大きな希望だ。自治体もそれぞれ、聖火リレーなどで回る予定になっている地域なども大変心待ちにしている。そういう形でぜひ叶うようにコロナ対策をしっかり進めていきたいと考えている。

Q.大会の簡素化を訴えてきた。具体的には?

A.いくつか今、アイデアを出しつつある。非常にワクワクする開会式や、最後に楽しい閉会式などをどのような形でシンプルにしていくのか話し合われている。そして、それぞれの競技に適した簡素化というものもある。これらについて、これから詰めていく形になるかと思う。

Q.世界の感染状況もポイントに。

A.そうですね。それがゆえにIOCとしっかりと連携を取りながら、各国の情勢、各団体の考え方などをまとめて進めていくことになろうかと思う。

ICTで手続きオンライン化進める

Q.コロナ対策、オリンピック開催には多額の資金が必要。財政調整基金が減っている。

A.今回、さまざまな協力金を支給させていただいているが、それも効率よく、またきちんと届くところに届くように対応してきた。それらの予算と実際の部分と、さらには今回ありがたいことに令和元年度の税収が過去最高で、1400億円の黒字も出ている。財政調整基金だけでなく、これから都政改革も進めるなかで、ICT(情報通信技術)を駆使することで、たとえばオンラインでの手続きを進めていくことは、これは都民の皆さま方のサービスを改善すると同時に、職員の生産性も上がっていくことになる。そういった意味で効率化を進めて、都の財政を、よりコストの部分を見直していく、事業の見直しなども進めていく。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
1321400 0 東京都知事選2020 2020/07/05 21:00:00 2020/07/05 22:04:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)