小池知事、感染者増加も「3、4月とは状況異なる」…「ピンポイントで対策」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都知事選で再選を果たした小池百合子氏は5日夜、都内の新型コロナ感染者が再び増加傾向にあることについて「医療機関以外での宿泊療養の仕組みが確立されていなかった3、4月とは状況が異なる。最近の陽性者は20代、30代、夜の街関連が多い。業界の皆様には集団で検査を受けて協力いただいている。重症化しやすい高齢者に広げないようにしっかり対応していきたい」とした。

 国による緊急事態宣言を再び求める可能性については「東京全体ではなく、(夜の街関連など)どこにピンポイントで対策をしていくかが大事だ」と述べ、緊急事態宣言が必要な状況ではないとの認識を示した。

無断転載・複製を禁じます
1321421 0 東京都知事選2020 2020/07/05 21:24:00 2020/07/05 21:47:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ