小野泰輔さん「名が知れる候補に割って入れた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

落選が決まり、あいさつする小野泰輔さん(5日午後8時22分、東京都品川区で)=三浦邦彦撮影
落選が決まり、あいさつする小野泰輔さん(5日午後8時22分、東京都品川区で)=三浦邦彦撮影

 前熊本県副知事の小野泰輔さん(46)は午後8時過ぎから品川区の事務所であいさつ。「危機対応をする現職が強いことは想定していた。名が知れる候補に割って入って戦えた」と充実した表情を浮かべた。

 日本維新の会の推薦を受け、都の新型コロナ対策を「経済を冷え込ませている」と批判。副知事として地方活性化に取り組んだ経験をアピールしたが、知名度不足を挽回できなかった。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
1321657 0 東京都知事選2020 2020/07/05 23:01:00 2020/07/05 23:01:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200705-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)