PCで登録ないことを確認したのに、投票資格ない男性に投票用紙交付

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都台東区選挙管理委員会は6日、5日投開票の都知事選で投票資格のない区民の男性に誤って投票用紙を交付したと発表した。誤りに気づく前に男性が投票を済ませたため、有効票として扱われた。

 発表によると、男性は告示の3か月前を過ぎた今年5月中旬に他区から転入しており、区の選挙人名簿に登録されていなかった。男性が今月5日、投票所入場券を持たずに投票所を訪れた際、担当の区職員は専用パソコンで男性の登録がないことを確認。しかし都内の別の区から転入した場合は投票資格があると勘違いし、誤って投票させたという。

無断転載・複製を禁じます
1326713 0 東京都知事選2020 2020/07/07 17:46:00 2020/07/07 17:46:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ