山本太郎(やまもと・たろう)

告示日:6月18日 投票日:7月5日

山本やまもと 太郎たろう

45歳
れいわ
党代表(元)参院議員、俳優▷大阪府箕面自由学園高中退▷兵庫県

敬称略。氏名の後は投票日現在の年齢、党派(かっこ内は推薦政党。維=維新、N=N国)、新旧。経歴は現職(元)経歴(前職を含む)▷ 学歴 ▷ 出身地

アンケート

Q.小池都政は100点満点で何点か。理由も
A.国には物申すフリ。公約として掲げた「七つのゼロ」も未達。「情報公開重視」と言ったが、カジノ文書は黒塗りばかり。採点不能。

Q.新型コロナウイルス対策として取り組みたい施策は
A.第2波への万全な準備。医療従事者、運転手、販売員などのPCR検査体制の充実と危険手当支給。公的医療は削減ではなく充実。

Q.来年に延期された東京五輪・パラリンピックへの賛否は。目指す大会像について
A.中止を決断すべき。1年後開催の楽観論が前提になると、政策判断を誤る恐れもある。特効薬もない現状で安全な東京開催は難しい。

Q.新型コロナ対策以外で最も重視する施策は
A.消費増税と新型コロナの二重苦で苦しむ人々の職と住まいの確保。他の自治体とも団結し、生活の底上げを国に対して強く求める。

Q.一連の施策を実現するための財源確保策や行財政改革への考えは
A.コロナの災害指定を国に働きかけ、災害対策目的の地方債などを財源にして損害補償を実施する。国が動かないなら不同意債で実行。

Q.他候補にはない自身のセールスポイントは
A.空気を読まない。

横顔

困窮者 すぐ手立てを

 代表を務めるれいわ新選組は、昨夏の参院選比例選で228万票を集めた。自身は落選したものの、重度障害者らを国会に送り込み、政治に新風を吹き込んだ。

 全国行脚を続けながら、「消費税率5%」を旗印として「政権を取る」と訴えてきた自身が都知事の座を目指すことに「全く矛盾はない」と言い切る。

 新型コロナウイルスの感染が広がる街中で、困窮する50人以上の人に出会った。仕事を失い野宿を決めた83歳、所持金もなく餓死寸前の72歳——。俳優から政界に転じた際の原点「困っている人を自分が何とかしたい」という思いに立ち戻り、都知事になれば「すぐに手立てが打てる」と決めるのに時間はかからなかった。

 「選挙に関心がない人にこそ思いを届けたい」と意欲を燃やす。バラの香りの入浴剤で長風呂し、コンビニ店のスイーツを頬張るのがつかの間の息抜きだ。

山本太郎

第一声

コロナ「災害」 損失補償

 新型コロナウイルスの感染拡大で、多くの人が職や家を失った。収入が激減し生活が困窮する人に、すぐにでも手立てを講じたいと思って立候補した。

 (休業などの要請は)補償なき自粛だった。新型コロナの感染拡大を「災害」に指定するよう国に働きかけ、都民の損失を補償する。地方債を独自に発行し、全都民への10万円給付や個人事業主の収入補償、大学生らの学費免除などに充てる。自粛要請下でも働く医療従事者らに対し、危険手当を支給する。

 コロナのワクチンなどができる見通しは立たない。東京五輪・パラリンピックは中止すべきだ。都民の生活を底上げし、すぐに生活を立て直せる社会をつくりたい。(新宿駅南口で)

山本太郎

アクセスランキング

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)