読売新聞オンライン

メニュー
東京都議選2021

告示日:6月25日 
投票日:7月4日

都議選25日告示、衆院選の前哨戦としても注目…4年前は小池旋風

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都議選(定数127)は25日に告示され、7月4日の投開票に向け9日間の選挙戦がスタートする。秋にも行われる衆院選の前哨戦として注目されており、選挙協力を復活させた自民党と公明党の勢力が過半数に達するのか、4年前の初陣で第1党に躍り出た地域政党・都民ファーストの会が勢力を維持できるのかが焦点となる。

浜辺美波さんを起用した都議選の啓発ポスター(都選管提供)
浜辺美波さんを起用した都議選の啓発ポスター(都選管提供)

 23日現在の各党の立候補予定者は、都民ファ47人(現有議席46)、自民党60人(同25)、公明党23人(同23)、共産党31人(同18)、立憲民主党28人(同7)、日本維新の会13人(同1)、東京・生活者ネットワーク3人(同1)。いずれも都議会に議席のない国民民主党は4人、古い政党から国民を守る党は2人、れいわ新選組は3人をそれぞれ擁立する予定だ。

 告示が3日後に迫った22日夜には、都民ファの特別顧問を務める小池百合子知事が過度の疲労により週内の公務を離れることが公表され、各党に動揺が走った。

 都民ファの立候補予定者は、知事の支援に期待をかけており、現職都議の一人は「知事の健康が第一だが、少なくとも選挙戦序盤に応援をもらうのは難しそうだ」と険しい表情で話す。

 他党の立候補予定者は「影響力が大きい人なので、復帰後の動きに注目したい」(立憲民主現職)と警戒感を示す。自民党の現職は「選挙戦への影響を考えるべきではない。東京五輪の開幕は目前で、まずは知事に健康になってもらわなければ」と慎重な物言いをした。

無断転載・複製を禁じます
2150607 0 東京都議選2021 2021/06/23 21:44:00 2021/06/23 21:44:00 浜辺美波さんを起用した都議選の啓発ポスター(都選挙管理委員会提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50112-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)