文字サイズ

    東京で小川敏夫氏が4選…民進が2議席死守

     今回から改選定数が1増となった東京選挙区(改選定数6)では、民進党現職の小川敏夫氏が4選を決めた。

     公示直前に政治資金の私的流用問題などで、舛添要一氏が都知事を辞職。選挙戦では、元検事の肩書を強調し、「政治とカネ」の問題に斬り込む姿勢を強調した。

     民進党は、蓮舫氏との「2議席死守」を目標に掲げていた。小川氏は、序盤戦から自民党新人らと一進一退の攻防を展開。菅元首相らが連日、応援に駆け付けたほか、都議や区議らもフル稼働し、票の掘り起こしを進めた。

     同選挙区には、8党の公認候補10人を含む計31人が立候補した。

    2016年07月11日 01時38分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報

    開票結果

    党派別立候補者数

      選挙区 比例 改選 非改選 公示前
    勢力
    自民 73 48 25 50 65 115
    民進 55 33 22 45 17 62
    公明 24 7 17 9 11 20
    共産 56 14 42 3 8 11
    お維新 28 10 18 2 5 7
    社民 11 4 7 2 1 3
    生活 5 0 5 2 1 3
    こころ 15 10 5 0 3 3
    改革 10 1 9 2 0 2
    諸派 74 60 14 1 3 4
    無所属 38 38 - 4 7 11
    合計 389 225 164 120
    (欠員1)
    121 241
    (欠員1)

    「お維新」=おおさか維新の会、「生活」=生活の党と山本太郎となかまたち、「こころ」=日本のこころを大切にする党、「改革」=新党改革。

     
    PR
    今週のPICK UP

    参院選2016日程

    6月22日(水) 公示
    7月10日(日) 投開票
    PR
    今週のPICK UP