文字サイズ

    18、19歳「関心」上昇67%…本社世論調査

     読売新聞社の全国世論調査で、新たに選挙権を得た18、19歳で参院選に「関心がある」と答えた人は、「大いに」と「多少は」を合わせて67%となり、公示直後調査(6月22~23日)の58%から上昇した。

     全体で「関心がある」の74%(公示直後74%)は下回っているが、選挙戦終盤に入り、若者の関心が高まっていることがうかがえる。

     ただ、「大いに関心がある」とした人は全体の32%に対し、18、19歳では16%にとどまっている。

     投票に「必ず行く」との回答は、全体の67%(公示直後65%)に上ったが、18、19歳では40%(同37%)となお開きが大きい。投票意欲は公示直後と大きな変化はみられず、若者の投票率が低迷する懸念も残る。

     参院選で最も重視する政策は、「年金など社会保障」が34%で最も多く、「景気や雇用」の21%、「憲法改正」の10%、「消費税など税制改革」の8%、「子育て支援」の7%などの順。年代別にみると、60歳代と70歳以上のトップは「社会保障」で4割を超えた。20歳代、40歳代、50歳代は「景気や雇用」、30歳代は「子育て支援」、18、19歳では「税制改革」がそれぞれ最も多かった。

     安倍内閣の経済政策については、「評価する」と「評価しない」が各41%で拮抗きっこうした。

     安倍内閣の支持率は46%(公示直後46%)、不支持率は36%(同38%)と横ばい。政党支持率は、自民党37%、民進党11%、公明党5%、共産党4%などの順で、無党派層は23%だった。

    2016年07月06日 07時14分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報

    開票結果

    党派別立候補者数

      選挙区 比例 改選 非改選 公示前
    勢力
    自民 73 48 25 50 65 115
    民進 55 33 22 45 17 62
    公明 24 7 17 9 11 20
    共産 56 14 42 3 8 11
    お維新 28 10 18 2 5 7
    社民 11 4 7 2 1 3
    生活 5 0 5 2 1 3
    こころ 15 10 5 0 3 3
    改革 10 1 9 2 0 2
    諸派 74 60 14 1 3 4
    無所属 38 38 - 4 7 11
    合計 389 225 164 120
    (欠員1)
    121 241
    (欠員1)

    「お維新」=おおさか維新の会、「生活」=生活の党と山本太郎となかまたち、「こころ」=日本のこころを大切にする党、「改革」=新党改革。

     
    PR
    今週のPICK UP

    参院選2016日程

    6月22日(水) 公示
    7月10日(日) 投開票
    PR
    今週のPICK UP