衆参同日選、自公駆け引き…山口氏「リスクに」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民、公明両党間で、夏の参院選に合わせて衆院選を行う「衆参同日選」の効果や影響を巡り、駆け引きが激化している。

 公明党の山口代表は16日、横浜市での党会合で、自公両党が惨敗した2007年の参院選を「あれよあれよという間に終盤、与党が支持を失った」と振り返り、「よもや(参院選を)衆院選と一緒にやろうとなれば政権をリスクにさらし、日本を危機に陥れることもないと限らない」と述べ、強くけん制した。

 一方、自民党の甘利明選挙対策委員長は15日夜のBS11の番組で、「参院選が非常に厳しい状況になった場合、突破する手立てとしてあることはある」と述べ、参院選情勢を好転させる効果があるとの認識を示した。その上で「(同日選の)可能性はかなり低いと思うが、ゼロではない」とも述べた。

39161 0 政治 2019/01/17 09:01:00 2019/01/21 12:32:59 2019/01/21 12:32:59

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ