二階氏、同日選に慎重「差し迫ったテーマない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=小野健太郎】自民党の二階幹事長は29日、夏の参院選に合わせて衆院選を行う「衆参同日選」について、「国民の信を問わなければいけない差し迫ったテーマは今のところない」と述べ、慎重な見方を示した。北京で同行記者団に語った。

 衆参同日選は、安倍首相側近の萩生田光一幹事長代行が10月の消費増税を延期する可能性を示唆し、与野党に観測が広まっている。二階氏は「いつ選挙があってもおかしくないのが衆院議員の宿命だ」と述べつつも、「政府首脳、党幹部から具体的な話を聞いたことがない」と語った。

 首相の党総裁連続4選の可能性に関しては、「私の範囲を超えた問題だ」と述べるにとどめた。

 二階氏はこの後、在中国日本大使館で記者会見に臨んだ。6月の主要20か国・地域(G20)首脳会議に合わせて来日する中国の習近平シージンピン国家主席に対し、日本側が別の機会に国賓として改めて来日するよう求めていることを明らかにした。

無断転載禁止
561445 0 参院選2019 2019/04/29 23:30:00 2019/09/19 15:38:35

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ