参院選新潟、野党統一候補が出馬表明…自民・塚田氏と対決

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

参院選への立候補を表明した打越氏(11日、新潟市中央区で)
参院選への立候補を表明した打越氏(11日、新潟市中央区で)

 今夏の参院選新潟選挙区(改選定数1)に向けて、東京都の弁護士、打越さく良氏(51)が11日、新潟市内で記者会見し、無所属で立候補することを表明した。野党各党は打越氏の支援で一致しており、野党統一候補としての出馬となる。

 打越氏は会見で、「格差や不平等に苦しむ人のために制度や法律を改めたい」と意欲を語った。

 北海道出身の打越氏は、東京大学大学院を中退。2000年に弁護士登録し、離婚やDVなどを専門として東京都千代田区の法律事務所に所属している。現在は新潟市内で生活し、独立開業の準備を進める。

 出馬の動機について「DV被害者や虐待を受けた子供らを救済してきたが、巡り合えない多くの人のために国政で制度を改めたいと思った」と説明した。県外出身者であることには「何度か訪れ、講演を通して新潟なら受け入れていただけると感じた」と話した。

 政策として「原発ゼロ」を掲げると、「脱原発に向けて再生可能エネルギーの開発を進めたい」と力を込めた。県が独自に進める原発事故に関する検証を評価した上で、「廃炉計画の策定とともに、立地地域の雇用をどう生み出していくかを考えなくてはいけない」と訴えた。高校授業料の無償化、就学援助の拡充なども目標に挙げた。

 打越氏の立候補を巡っては、立憲民主の党本部、国民民主、社民の県連が推薦を決め、共産の県委員会も推薦する方針。立民県連の西村智奈美代表は自らが出馬を打診した経緯について明かし、「各党の同意を得て統一候補として推挙いただいた」と共闘を強調した。

 参院選では、自民党現職の塚田一郎参院議員(55)が3選を目指しており、与野党対決の構図が固まった。

無断転載禁止
578958 0 参院選2019 2019/05/12 19:16:00 2019/09/19 15:38:33 参院選への出馬を表明した打越氏(11日午後4時27分、新潟市中央区で)=佐野寛貴撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190512-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ