「衆参同日選」菅氏の真意は…甘利氏が火消しへ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 夏の参院選に合わせて衆院選を行う「衆参同日選」について、自民党幹部が18日、相次いで発言した。

 甘利明選挙対策委員長は新潟市での党会合で、菅官房長官が野党による内閣不信任決議案の提出が衆院解散の「大義」になるとの認識を17日に示したことに関し、「理屈の上ではなり得るが、事実として衆院解散の可能性は低いというのが菅氏の真意だと思う」と述べた。与野党内で衆参同日選の可能性が強まったとの見方が出ており、火消しに動いた。

 一方、岸田政調会長は福岡市での党会合で最近の政治情勢に触れ、「関係者が集まると、必ず『同日選があるのではないか』という話題になる」と語った。会合後、岸田氏は記者団に同日選に言及したことについて、「別に根拠があるわけではない。何が起きるかわからないのが政治の世界の常識だ」と説明した。

無断転載禁止
590648 0 参院選 2019/05/19 14:37:00 2019/05/19 14:37:00 2019/05/19 14:37:00

候補者

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ