枝野氏「解散望ましい」、二階氏「挑発乗らぬ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 立憲民主党の枝野代表は25日、夏の参院選に合わせて衆院選を行う衆参同日選の観測が出ていることについて、「(衆院)解散になるなら解散になったらいい。野党は(衆院選を)やっていただかないと政権を取る可能性はなく、望ましいことだ」と述べた。さいたま市で記者団の質問に答えた。また、今国会に内閣不信任決議案を提出するかどうかに関しては、「政治状況を見極めて判断するので、現在白紙だ」と語り、明言を避けた。菅官房長官は、不信任案の提出が、安倍首相による衆院解散の大義になるとの見方を示している。

 自民党の二階幹事長は25日、訪問先の秋田県鹿角市で記者団に「必要があれば(首相が衆院を)解散するが、野党の挑発に乗って解散する愚かなことはしない」と述べた。「今のところ首相と私で解散について論じたことはない」とも強調した。

無断転載禁止
603576 0 参院選2019 2019/05/26 14:21:00 2019/09/19 15:38:29

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ