宗男氏「医者のお墨付きを」…維新、擁立に含み

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本維新の会の松井代表は11日、地域政党・新党大地との連携について「政治信条、理念、政策が一致すればチームを組むのはあり得る」と述べ、国政復帰を目指している同党代表の鈴木宗男氏の参院選擁立に含みを持たせた。参院選に向け同日、大阪市で開いた各地の地域政党代表らとの共同記者会見で、質問に答えた。

 具体的には、議員定数削減など「身を切る改革」を消費増税の前提とする党の政策を念頭に「考え方を一にできる仲間であれば、ぜひ参加いただきたい」と呼びかけた。

 鈴木氏は記者会見に参加していないが同日、読売新聞の取材に応じ、先に手術した食道がん転移の有無が18日に判明することに触れ、「医者にお墨付きをもらわないと身動きがとれない」と説明。政策の一致については「自分は定数削減など、維新以上に身を切る覚悟について言ってきた。問題ない」との認識を示した。

無断転載禁止
632413 0 参院選2019 2019/06/12 07:33:00 2019/09/19 15:38:09

候補者

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ