立民公約「個人消費回復」「最低賃金1300円」「非正規対策」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

公約を発表する立憲民主党の枝野代表(24日午後、東京都千代田区で)
公約を発表する立憲民主党の枝野代表(24日午後、東京都千代田区で)

 立憲民主党は24日、参院選に向けた公約「立憲ビジョン2019」を発表した。個人消費を拡大させる経済・社会保障政策を前面に掲げるとともに、「多様性」や「原発ゼロ」の具体策を盛り込んだことが特徴だ。

 立民の枝野代表は同日、東京都内で記者会見し、「野党第1党として、自民党に代わる選択肢、我々の目指していく国家ビジョンを示した」と強調した。公約のキャッチコピーは「#令和デモクラシー」とした。

 公約では、安倍政権の下では、実質賃金の低下が「家計を圧迫」したと指摘。個人消費を回復させるため、〈1〉最低賃金1300円の5年以内の実現〈2〉非正規雇用の正規雇用化の促進――などを明記した。

 「老後2000万円問題」を巡っては、「大きな蓄えがなくても安心できる社会を目指す」とし、医療や介護、保育などの家計負担合計額に所得に応じた上限を設ける「総合合算制度」の導入や、年金の最低保障機能の強化を掲げた。

 10月の消費税率10%への引き上げは「凍結する」とした。公約に盛り込んだ新規事業にかかる費用については「1兆数千億から2兆円程度」(逢坂誠二政調会長)と見込み、法人税の累進強化などで財源を手当てする考えも示した。

 党是とする「多様性」に関しては、選択的夫婦別姓の導入やLGBT(性的少数者)差別解消法の制定、同性婚を可能とする法改正を打ち出した。「原発ゼロ」では、再稼働を認めず、原発ゼロ基本法案を早期に成立させるとした。

 外交・安全保障では、日米安全保障体制を「基軸」とする立場を示したが、安全保障関連法を廃止し、沖縄県名護市辺野古の「新基地建設」も中止することを盛り込んだ。憲法改正では、9条「改悪」や「解釈改憲」に反対する考えを鮮明にした。

無断転載禁止
655619 0 参院選2019 2019/06/25 05:00:00 2019/09/19 15:40:17 参院選に向けて「立憲ビジョン2019」を発表する立憲民主党の枝野代表(24日午後4時7分、東京都千代田区で)=竹田津敦史撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190624-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ