参院選 公明党公約要旨

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 公明党が26日に発表した参院選公約の要旨は次の通り。

 

 1 「子育て安心」社会に

 ■ 幼児教育の無償化の実施 10月からの幼児教育・保育の無償化を着実に実施し、0~2歳児を含む就学前のすべての幼児を対象とするよう拡大をめざす▽出産・育児休業を取得しやすい環境整備を図る

 ■ 高校生等の教育費負担の軽減 2020年度から年収590万円未満世帯を対象に就学支援金を拡充し、私立高校授業料の実質無償化を実現する

 ■ 大学等の教育費負担の軽減 20年4月からの授業料等減免、給付型奨学金の拡充により大学等の教育費負担軽減を推進▽所得連動返還型奨学金を既卒者に適用

 ■ 待機児童ゼロの推進 小規模保育や企業主導型保育など多様な保育の受け皿を拡大

 ■ 児童虐待の根絶へ 児童養護施設等における専門的なケアや退所後の自立支援・アフターケアの充実を図る▽児童相談所の体制強化と市区町村における在宅支援、学校における虐待対応体制の構築を推進

 2 着実な賃上げの実現

 ■ 「生活者優先」の視点で着実な賃上げの実現 最低賃金を20年代前半には全国加重平均で1000円超に、20年代半ばには47都道府県の半数以上で1000円以上へと引き上げ、地域間格差を是正▽17年度から実施されている雇用保険料率の軽減措置を当分の間、延長

 ■ 消費税率引き上げに備えた万全の対応 軽減税率制度を実施し、日常の買い物の痛税感を和らげる▽住民税非課税世帯などを対象に「プレミアム付き商品券」事業を実施▽省エネ性能などを有する住宅の取得・リフォームにポイントを付与する「次世代住宅ポイント制度」を創設

 ■ 多様で柔軟な働き方の推進 1時間単位で年次有給休暇を取得できる制度の導入を促進

 3 希望ある“幸齢社会”に

 ■ 認知症施策の推進 施策推進に向けた基本法を制定し、認知症の人の尊厳が守られる共生社会の実現に取り組む▽リハビリや予防・介護方法に関する研究を進めるため、認知症研究開発費を大幅に拡充

 ■ 高齢者の移動手段の確保と安全運転支援 自動ブレーキを搭載した「安全運転サポート車」や後付けの「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」の普及促進▽「安全運転サポート車」限定免許の導入など運転免許制度の見直し

 ■ 年金のセーフティネット機能の強化など 低年金者への福祉的な措置として最大月額5000円を支給する「年金生活者支援給付金」の円滑な実施▽高齢者の就労を進めるため在職老齢年金制度を見直す

 4 一人の生命を守り抜く

 ■ 防災意識社会の構築、地域防災力の向上 住民一人一人の防災行動計画である「マイ・タイムライン」の普及▽防災士、消防団などの地域防災を支える「防災人材」の育成・確保支援

 5 誰もが輝く社会の実現

 ■ 就職氷河期世代支援 40年に高齢期を迎える「就職氷河期世代」をはじめ非正規雇用者の就労や生活の支援強化

 6 安定した平和と繁栄の対外関係

 ■ LAWS開発規制に関する国際的議論への貢献 AI(人工知能)が自律的に攻撃目標を捕捉・選択し、攻撃を実行するLAWS(自律型致死兵器システム)の開発規制に関する国際的ルール作りに積極的に参加

 7 気候変動対策を促進し、地球環境を守る

 ■ 新たな成長につながる気候変動対策を強力に推進 徹底した省エネと再生可能エネルギーの最大限の導入をはじめとする地球温暖化対策計画の着実な実施を推進▽脱炭素とSDGsを実現した持続可能な社会である「地域循環共生圏」の創成に向けた取り組みを通じて地域に雇用と投資を生み出す

 8 政治改革と行財政改革

 ■ 国会議員歳費を10%削減 10月からの消費税率10%への引き上げで、国民に負担をお願いする今こそ国会議員自らが痛みを伴う「身を切る改革」で覚悟を示すべきだ。国会議員歳費を10%削減する

 【憲法について】

 ■ 基本的考え方 国民主権、基本的人権の尊重、恒久平和主義の3原理は将来も堅持▽憲法施行時には想定されなかった新しい価値観、理念や憲法改正でしか解決できない課題が明らかになれば、必要な規定を付け加える(加憲)ことによって改正することを考えている

 ■ 憲法9条 1項2項は今後も堅持する。一部にある自衛隊違憲論を払拭(ふっしょく)するため、自衛隊の存在を憲法上明記するとの意見がある。しかし、多くの国民は現在の自衛隊の活動を理解し、支持しており、違憲の存在とは考えていない。今後、慎重に議論されるべきだ

 ■ 国民投票 現在、国会に提出されている国民投票法改正案は早期の成立を図るべきだ▽政党等による国民投票運動期間中のテレビ、ラジオ等での有料広告規制については、表現の自由と国民の知る権利をできる限り尊重すべきだとの立場から、公正、公平の確保という観点からの必要最小限度の規制であるべきだ

無断転載禁止
659247 0 参院選2019 2019/06/27 05:00:00 2019/09/19 15:40:11

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ