[早わかり 参院選Q]定数6増 内訳は?…埼玉選挙区「2」比例「4」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今回の参院選では定数増など制度変更も行われる。選挙の仕組みや政治にまつわる語句を、わかりやすく解説する。

     ◇

 Q 参院の総定数は。

 A 現在は242(選挙区選146、比例選96)。2018年に成立した改正公職選挙法には参院の総定数を6(選挙区選2、比例選4)増やすことが盛り込まれており、今後2回の選挙で総定数は3ずつ増える。つまり、今回の選挙を経て参院の総定数は3増の245(選挙区選147、比例選98)になり、22年参院選でさらに3増の248(選挙区選148、比例選100)になる。

 Q 6増が段階的に行われるのはなぜか。

 A 参院は3年ごとに半数ずつ改選される仕組みだからだ。今回選挙では、総定数242の半数121に3増分を加えた計124議席(選挙区選74、比例選50)が争われる。

 Q 選挙区選の定数増は、どこの選挙区か。

 A 埼玉選挙区だ。定数6だったが、2増の8になる。半数改選なので、今回選挙の当選者数を意味する「改選定数」は4だ。

 Q 総定数の推移は。

 A 1947年の第1回参院選では250(地方区150、全国区100)だった。沖縄県の本土復帰を前に沖縄選挙区を創設した70年成立の特別措置法で2増された後、2000年の改正で10減されて現行の242となった。

 Q 18年間、各選挙区の定数も変わらなかったのか。

 A 「1票の格差」を是正するため、2000年以降3度変更された。地方の選挙区の定数減と、都市部の選挙区の定数増を同じ数に釣り合わせることで、総定数を維持してきた。

無断転載禁止
662943 0 参院選2019 2019/06/29 05:00:00 2019/09/19 15:40:07

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ