[ドキュメント 19参院選]「遊説先」選択に各党戦略

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 事実上の選挙戦に突入して初の日曜日となった30日。各党党首が遊説先に選んだ場所からは、選挙戦略や思惑が透けて見えた。

 立憲民主党の枝野代表(55)は、地元・埼玉県での街頭演説を手始めに千葉市や都内を駆け足で回った。大票田の首都圏で政権批判票を掘り起こす狙いだ。

 「令和デモクラシーの新しい一歩を踏み出していく。私にはあなたの力が必要です」。さいたま市のJR武蔵浦和駅前では、こう呼びかけた。7月4日の公示日の第一声はJR新宿駅前で行う予定だ。

 「アベノミクスで大都会が豊かになっても、岩手をはじめとした地方は豊かにならない」。国民民主党の玉木代表(50)は、小雨がぱらつく岩手県のJR盛岡駅前で声を張り上げた。

 国民は都市部に強い立民と差別化を図るため、地方重視の政策を打ち出している。特別重点区の一つである岩手は、合併で国民に加わった小沢一郎・旧自由党共同代表の地元でもある。

 公明党の山口代表(66)は、最重点区に位置づける兵庫県に飛んだ。改選定数3の一角に食い込もうと、同党や支持母体の創価学会が総力戦を繰り広げている。

 傘が反りかえるほどの強風の中、川西市の阪急川西能勢口駅前で、山口氏は「何とぞ、何とぞ、勝たせてください」と拳を振り上げた=写真=。斉藤幹事長(67)も西宮市で街頭演説を行った。

 大阪市での主要20か国・地域(G20)首脳会議を終えた安倍首相(64)はこの日、都内に戻った。夜にはインターネット番組の党首討論に出演し、「選挙の顔」としての活動を本格化させた。

無断転載禁止
665530 0 参院選2019 2019/07/01 05:00:00 2019/09/19 15:40:04 参院選兵庫選挙区の候補予定者への支援を呼びかける公明党・山口代表(兵庫県川西市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190630-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ