[党首に聞く 参院選2019]勝敗 非改選含め「123」…自民党総裁(首相) 安倍晋三氏 64

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 参院選で各党は何を国民に訴えようとしているのか。与野党の党首に聞いた。

 ――何を訴えるか。

 安定した政治の下で政策を進めるのか、再び混乱を起こすのかがテーマだ。安定した政治を進める観点から、非改選を含めて与党で過半数の123議席の確保が勝敗ラインだ。全世代が安心できる社会保障改革を進める。戦後の日本外交の総決算を行いたい。拉致問題の解決、日中新時代、日露平和条約の締結。こうした悲願に向かって進みたい。

 ――先の板門店パンムンジョムでの米朝首脳会談は日朝首脳会談への弾みになるか。

 米朝プロセスを進めることに資することを期待する。条件を付けずに金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長と会って首脳会談を行いたいという私の考え方は伝わっており、あらゆるチャンスを逃さない決意で拉致問題の全面解決に全力を尽くす。

 ――韓国への輸出管理強化に懸念も出ている。

 日本はすべての措置はWTO(世界貿易機関)ルールと整合的でなければならないという考え方だ。(今回の措置は)自由貿易とは関わりない。国と国との信頼関係の上に行ってきた措置を見直した。

 ――トランプ米大統領が日米安全保障条約に不満を示した。

 日本ができることは、トランプ氏に今まで様々な機会で話をしている。日米同盟の仕組みはトランプ氏に理解いただいている。懸念には及ばない。

 ――老後に年金以外で2000万円が必要とした金融審議会報告書の受け取り拒否を72%が不適切とみている(読売新聞世論調査)。

 平均した数字をモデルのように扱っているのは間違いだから、報告書を基に政策を作らないと明確にするために、受け取らなかった。現実から逃げているということでは、全くない。

 ――憲法改正のための連立組み替えは考えるか。

 2020年に改正憲法施行の思いに今も変わりないが、スケジュールありきではない。決めるのは国民投票だから、国会の憲法審査会で政党が案を持ち寄り、議論するのが当然だ。参院選はしっかりと議論する政党を選ぶのか、議論すらしない政党や人を選ぶのかだ。改憲論議は、政権の枠組みとは関わりがない。風雪に耐えた自公連立政権を変更することはない。

 ――長期政権の長所と短所は。

 各国首脳と何回も会談を重ね、信頼関係があるからこそ、主要20か国・地域(G20)首脳会議では決着に持ち込めた。少子高齢化のような長期的課題にも立ち向かえる。政権が長いとおごり、緩みが生じるとの批判を承知しながら一層、身を引き締めなければならない。私は今度、6回目の(国政)選挙だ。5回勝たなければここまで来られなかった。様々な審判を受け、乗り越えてきたことも、理解してほしい。

無断転載禁止
667173 0 参院選2019 2019/07/02 05:00:00 2019/09/19 15:40:03 インタビューに答える安倍首相(1日午後3時16分、首相官邸で)=米山要撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190701-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ