首相、福島で第一声…立民は新宿

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 与野党の党首らは参院選公示日の4日、全国各地で第一声を上げる。

 安倍首相(自民党総裁)は福島市の果樹園で、東日本大震災からの復興などを訴える予定だ。九州南部を中心とした大雨の状況を見極め、災害対応のために東京にとどまるか、福島に向かうかは4日朝に最終判断する。公明党の山口代表は、最重点区の兵庫選挙区での支持拡大に向け、神戸市内でマイクを握る。

 東京都内のJR新宿駅前では、立憲民主党の枝野代表、共産党の志位委員長、社民党の吉川幹事長がそれぞれ第一声に立つ。いずれも無党派層への浸透を狙う戦略とみられる。

 国民民主党の玉木代表は静岡県掛川市を選び、静岡選挙区で現職の議席死守を訴える。日本維新の会の松井代表(大阪市長)は、大阪市内で選挙戦を始める。

無断転載禁止
671592 0 参院選2019 2019/07/04 05:00:00 2019/09/19 15:39:54

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ