自民現職と野党統一新人、女性候補が激突…福島選挙区

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国32ある「1人区」の一つとして注目される参院選福島選挙区では、自民党女性活躍推進本部長で元少子化相の現職森雅子候補(54)と、無所属新人で野党統一候補の水野さち子候補(57)の女性候補同士が激突。女性有権者を意識した選挙戦を展開している。

 福島市内で第一声を上げた森候補は「大臣の経験、人脈を生かし、女性が安心して子供を産み育て、仕事と両立して光り輝く社会を目指す」と訴えた。多くの女性スタッフをそろえ、選挙カーには「2児の母として」の言葉を掲げる。

 保育士の経験がある水野候補は「普通のおばさん」を自称。福島市で上げた第一声では保育士の確保や待機児童の解消を主張し、多くの女性支持者が集まる中、「皆さんの思いを国政に伝え、笑顔あふれる社会にする」とアピールした。

 同選挙区には新人でNHKから国民を守る党の田山雅仁候補(35)も立候補した。

無断転載禁止
673350 0 参院選2019 2019/07/04 23:02:00 2019/09/19 15:39:47

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ