[早わかり 参院選Q]比例選特定枠とは?…他候補に優先して当選

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 Q 参院比例選の「特定枠」とは何か。

 A 比例選候補の名簿に設けることができる優先当選枠のこと。参院の比例選では、届け出党派の得票に応じて議席数が配分され、個人名票の得票が多い候補者から順に当選する。しかし、特定枠を設けた場合、その枠に指定された候補者は個人名票の得票に関係なく、他候補に先んじて当選できる。特定枠に複数の候補者を指名する場合は優先順位をつける。今回の参院選で初適用される。

 Q 特定枠には何人まで指名できるのか。

 A 公職選挙法は、各党派の比例選候補者の「一部の者」を特定枠に指名できるとしたが、人数は明記していない。たとえば、A党が比例選に候補者10人を擁立した場合、全員を特定枠に指名することはできないが、9人までは指名可能だ。ただし、9人を特定枠に入れると、残る1人の当選順は自動的に10番目となり、10人全員を特定枠に入れて順位付けしたのと実態は同じになる。

 Q 特定枠候補の個人名を書いて投票したら、その扱いはどうなる。

 A 所属する党派の得票とみなされる。

 Q 特定枠を活用するメリットは。

 A 全国的な知名度や組織票がない候補でも当選させることができる。ただ、導入を主導した自民党の狙いは「鳥取・島根」「徳島・高知」の合区対象県の議員を救済することにあった。

 Q 今回の参院選で特定枠を利用したのは。

 A 政党要件を満たす政党では自民党だけだ。

無断転載禁止
675437 0 参院選2019 2019/07/06 05:00:00 2019/09/19 15:39:39 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190705-OYT1I50079-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ