[参院選2019]投票日に全店休業、「期日前」は出勤扱い…企業も支援

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

パタゴニアの店舗で、選挙や今後の社会のあり方について話し合う「ローカル選挙カフェ」の参加者たち(6日、東京都武蔵野市で)
パタゴニアの店舗で、選挙や今後の社会のあり方について話し合う「ローカル選挙カフェ」の参加者たち(6日、東京都武蔵野市で)

 参院選の投票日は全店を休業としたり、平日に期日前投票に行く場合は出勤扱いにしたりするなど、企業が従業員の投票を支援する動きが広がっている。

 「7月21日は投票日のため、お休みいたします」

 米国のアウトドア衣料メーカー・パタゴニア日本支社(横浜市)は、従業員の投票を促すため、国内直営店の全22店舗に休業の知らせを貼り出した。担当者は「日本は家族や友人と政治の話をする風潮があまりない。休みにすれば会話のきっかけにもなるはず」と話す。従業員の男性(22)は「家族と政治についてより一層深く話ができる」と歓迎した。

 同社は、選挙などについて客と従業員が語り合うイベント「ローカル選挙カフェ」も各店舗で順次企画。東京都武蔵野市の店舗では6日、第1弾が開催され、約40人の客と従業員が投票の意義などを議論した。

 経済同友会は公示日の4日、企業経営者の会員に対し、仕事などで投票に行くことが難しい従業員に便宜を図るよう要請した。広報担当者は「若い世代の投票率がまだ低いので、投票しやすい環境作りを促したい」と話す。

 総合人材サービス「パソナグループ」(東京)は2009年衆院選から、平日に休みをとって期日前投票に行く場合は出勤扱いとする制度を設けている。同社広報部は「社員が社会に目を向けることを重視している。投票をきっかけに世の中について考えてほしい」としている。

 一方、フェイスブックでは投票日の21日、利用者の画面に「投票者メガホン」という機能を表示する予定だ。投票したことを友人らに通知することができる。各国の選挙でも導入しており「投票の輪を広げるのが狙い」としている。

無断転載禁止
676891 0 参院選2019 2019/07/07 05:00:00 2019/09/19 15:39:37 選挙や今後の社会のあり方について話し合う「ローカル選挙カフェ」の参加者たち。主催したパタゴニアは従業員が選挙に行きやすいよう21日の投票日に全直営店で休業する(6日午後7時16分、東京都武蔵野市のパタゴニア吉祥寺店で)=大原一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190707-OYT1I50011-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ